SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

新型インフルエンザ関連の検索数、1900%増 - comScore調査

米調査会社comScoreは2009年5月1日、4月下旬にメキシコでの集団感染に端を発した新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)関連の米国生活者の検索行動に関する調査結果を発表した。

新型インフルエンザに関連する検索行動 - ペイドサーチ、広告露出量など comScore

豚インフルエンザ関連の検索、90万回以上

4月20日~4月26日の週で、米国の50万1000人が合計92万9000回の新型インフルエンザ関連の検索を行ったという。この検索数は前週比で20倍近くに上る。この検索数急増に対応し、検索マーケティング担当者も新型インフルエンザに不安を寄せる生活者をターゲットにした広告を展開。comScoreでは新型インフルエンザ関連のキーワードを使った広告を271個確認。前週は73、前々週は33なので大幅に増えていることがわかる。同広告のクリック数も前週の100以下から比較して400倍増の42,000クリックに達した。今週も米国で新たに確認された新型インフルエンザの感染症例は増えており、これまで以上の米国人の検索数や検索広告のクリック数が増加しそうだ。

新型インフルエンザのクエリを使って検索広告を積極的に露出していた機関・企業 comScore

メッセージを社会に伝える手段としての検索広告の活用広がる

新型インフルエンザ関連の検索広告は、商業利益と公益を目的にしたものが確認された。露出量が最大だった広告主は、米国肺協会(ALA)が運営するFacesofinflueza.comで、新型インフルエンザの最新情報や医療機関の紹介を行っていた。Facesofinflueza.comは20万回近く広告配信した。10位のAARP.orgは全米退職者協会のサイトで広告を通じて安全情報を伝達していた。

comScoreのサーチエバンジェリスト・Eli Goodman氏は「今回の事例は、マーケッターが検索広告をダイレクトレスポンスという一般的なモデルを超えて使う重要な機会があることを示している。今回の新型インフルエンザのパンデミックのような国際問題が発生した時、検索広告はタイムリーに重要なメッセージを社会に向けて発信するために利用することができる。それが市民の全然であれ商品の販売促進であれ、検索広告は、その情報を消費者が本当に必要としている時に届けることができるのだ」と述べている。

500,000 Americans Search for Swine Flu in Week Ending April 26 Number of Swine Flu Searches Jump 1,900 Percent versus Previous Week [comScore]

http://www.comscore.com/press/release.asp?press=2806

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。