SEMリサーチ

SEMリサーチ

ad:tech Tokyo 2010 サーチエンジンマーケティングのストラテジックを語る

2010年10月28日、29日に開催される ad:tech Tokyo 2010 のセッション「サーチエンジンマーケティングのストラテジックを語る」にて、セッションモデレーターを務めさせて頂くことになりました。パネリストは、ヤフー株式会社の河田 顕治さん、グーグル株式会社 小野 雄高さんほか、海外より2名の計4名となります。

基本的に、テーマごとにフリーディスカッションで議論して進めていきます。そのため、賛否の意見が分かれるであろうテーマも選択しています。

サーチエンジンマーケティングのストラテジックを語る

このセッションで学べること:

・日米 検索エンジンマーケティング市場

・SEMエージェンシーは必要か?

・デバイスの多様化(PC、ケータイ、スマートフォン)により、ユーザ検索行動はどう変化しているか

・SEOとリスティング広告、両方必要?片方で十分?

・リスティング広告の入札管理ツールの必要性

・検索エンジンの未来、そこに企業はどのように対応・アプローチしていけるのか?

パネリスト:

河田 顕治、ヤフー株式会社 広告本部 マーケティング部 マーコム リーダー

Ian Lurie、CEO, Portent Interactive

Kirsten Mangers、Founder and Chief Executive Officer, WebVisible

小野 雄高、グーグル株式会社 アカウント ストラテジー&プランイング統括部長

(敬称略)

Keys to take away from this session:

- Japan-U.S. Search Engine Marketing Trends

- In-house or agency? What's the best way to optimize Search Campaign.

- Diversitication of search devices and how it's changing user's search behaviour.

- SEO or PPC? Or do you need both?

- Necessity of Bid manegement tools for Paid Search

- Future insights of Search Engine Marketing and how should we adapt to it?

Search Marketing Strategies Local vs. Global

http://www.adtech-tokyo.com/en/conference/session_detail/October_28th_16.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。