SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、ウェブページに設置できるGoogle +1ボタンを公開

米Googleは2011年6月1日、Google +1 をウェブページに設置できるボタンを予告通り公開した。

Google +1(プラスワン)は、FacebookのLikes(いいね!)のように、ウェブページや広告(アドワーズ広告)を評価できる機能。同データは他のユーザーのGoogle検索結果画面にレコメンドとして表示される。これまでGoogleは+1で評価をする場所はGoogleウェブ検索結果に限られていた。

リリースにあわせてGoogleはパートナーサイトも発表。AddThisやMashable、The Huffington Post, Nordstrom, O'reilly, Reuters, BestBuy などの大手サイトでも今後、Google +1ボタンが設置される予定だ。一般のウェブマスターが自分のサイトにGoogle +1 ボタンを設置するための作成ページも公開されており、誰でも利用可能だ。ちなみに言語選択で Japanese が選べるが、現時点ではgoogle.com(英語)でのみ 検索結果に +1 が表示される。

ウェブマスターが自由にウェブページに+1ボタンを設置できることで、利用者を増やすためのスタート地点に立ったといえよう。ただし、どれだけのユーザーがGoogle +1 を通じて互いに+1情報を共有するかは未知数だ。

Google +1ボタンを作成する

http://www.google.com/webmasters/+1/button/index.html

Adding the +1 button to your site

http://code.google.com/apis/+1button/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。