SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、AdWords 広告もブロック(非表示)可能に

米Googleは昨年3月からオーガニック検索に表示されるサイトをドメイン単位でブロックできる機能を提供していたが、それをアドワーズ広告にも適用を開始した。

AdWords 広告の下部にも Block all ○○○ ads という文字列が表示されるようになっており、これをクリックすると同ドメインの広告が検索結果に表示されなくなる。Googleアカウントへのサインイン/サインアウトにかかわらず動作する。TwitterやGoogle+ での他ユーザーの反応を見る限り、一部ユーザーへの適用にとどまっている模様だ。

Googleはオーガニック検索におけるサイトの遮断情報をコンテンツ品質を判定するシグナルの1つとして用いているが、AdWords 広告のそれが今後どのように扱われるのか。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。