SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、AMPページと元のページ内容が一致することを求めるポリシー適用、2018年2月から

米Google は2017年11月16日、AMPページの運用に関するポリシーを強化し、AMPページと対応する元の(正規化する)ページの内容が一致することを求めることを発表した。

2018年2月1日よりルールを適用する。もし AMPページがオリジナルページの主要なコンテンツを含んでいないと判断した場合、AMPページとして扱われなくなるうえ、検索利用者は Non-AMPバージョン(通常のページ)に誘導されるようになる。また、AMPとして扱われなくなるため、トップストーリーといった AMPページが表示される枠にも掲載されなくなる。

Google によると、一部のサイト運営者が AMP をティザーページのように利用しているという。たとえばニュース記事の一部のみ AMPで表示して、"See the full article at xxx" というリンクをクリックさせて本文(オリジナルのページ)を読ませる仕組みだ。この仕組みは来訪者が記事を読むために2回クリックすることを強いられ、AMP が目指すコンテンツデリバリーの高速化の思想と相反するものだ。今回の方針は AMP が提供するユーザーエクスペリエンスを守るための措置といえる。

Engaging users through high quality AMP pages

https://webmasters.googleblog.com/2017/11/engaging-users-through-high-quality-amp.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。