SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Gigablast も米Verisign の独占的地位の乱用に抗議

検索エンジン開発会社の米Gigablast(ギガブラスト) が、ネット業界で物議を醸している米Verisign社の「サイトファインダー」機能の実装に関して、Web上に抗議している。

検索エンジン米Gigablast が同社Webページ上にて米Verisignが行ったSite Finder 機能に関する仕様変更に対して抗議をしている。「存在しないドメインの場合は "Not Found" のメッセージがクローラーに渡る必要がある。Not Found のエラーのかわりに 米Verisign のIPアドレスが返ってくる事で Gigablast のクローラーはその(存在しないはずの)ドメイから robot.txt をダウンロードしようとしてしまう。もしサーバーの反応が遅ければ延々とこの動作を繰り返してしまうのだ」と主張している。

Verisign Redesigns the Internet for their Own Profit [Gigablast]

[関連記事]

Verisign問題、どこがどう問題なのか? [Internet Watch]

ドメイン名の誤入力に対応する米VeriSignのサービスが問題に [Internet Watch]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。