SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Gigablast、一般的なMETAタグのサポートを開始

米GigablastがMETAタグをサポート、記述された文字列を検索対象にしたり、検索結果にMETAタグの内容を表示させることが可能に。

検索技術開発を行う米Gigablast(ギガブラスト)が同社検索エンジンにて一般的なMETAタグのサポートを開始した。今回新たに実装された機能により、検索サービス利用者がMETAタグ内に記述された文字列を対象に検索をしたり、Webサイト管理者がMETAタグ内の内容を検索結果に表示させる事が可能になった。

例えば、次のように METAタグを記述しておくと・・・

<meta name="author" content="SEM-Research">

ユーザーは検索ボックスに author:sem-research と入力して検索することで上記METAタグが記述されたWebページを検索できるようになる。

また、検索した時に特定のMETAタグの内容を検索結果に表示させることも可能だ。この時には、CGIパラメーターに dt を割り当てる必要がある。また表示させるMETAタグの文字数も :X (Xは数字)で指定することもできる。

米Gigablast は今回のMETAタグの検索へのサポートによって、より強力な情報ツールとして活用できるとしている。

Bring Me Your Meta Tags [Gigablast]

米Gigablast

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。