SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

リンクポピュラリティーは購入できるもの?

久々のSEO-FAQです。「リンクポピュラリティー対策のために、リンクを売買しても良いのか?

質問)

先日、とある会社から「SEO対策のためにリンクを購入しませんか?」という営業がありました。内容を聞くと、その会社はリンク対策を十分に行っているサイトを持っていて、リンクを購入するとそのサイト内の各ページに広告の形式でリンクを張ってくれるとのことでした。何百ものページに一度にリンクを張れるからリンク対策には良いというお話でした。

とても興味があるのですが、こうしたリンクを買っても大丈夫なものなのでしょうか?

(質問者:匿名)

回答)

様々なSEO会社が出てきましたが、同時にこうした怪しい業者も出てきているようです。先に結論をいっておきますと買うことはお勧めしません。最終的な判断は(質問者)が行えばよいですが、不幸な結果になっても自分の責任であり、そのリスクを甘受すべきです。

以前、米国で SearchKing という会社が PageRank を販売していたことがあるのですが、その後 Google が同社に対してペナルティを課して PageRank を下げてしまったことから訴訟沙汰になったことがあります。それに限らず米国では以前から"リンクを売る"業者はいました。

Google は検索アルゴリズムの評価をゆがめて不正にランキングを操作しようとする行為を嫌います。とりわけリンクに関して Google は "Natural" (Organic) なリンクを好む一方で "Artificial" なリンクは好みません。つまり、Googleは「人々の社会活動を通じて自然発生的に生まれたリンク構造及び形態を元にWebページを評価したいのであり、特定のウェブマスターにより(様々な手法を駆使して)リンクポピュラリティーを高めるたことだけを目的としてそれ以外には存在価値のない人工的に創造されたリンク構造・形態は好まない」のです。リンクを販売する行為は、対価を得ることによりリンクポピュラリティーをゆがめることだけを目的にリンクを設置するのですから、Google は許すことができないのです。

なお、その業者が販売するリンクが、実際に Google によって不正だと判断されるかどうかはわかりません。もしかしたら Google はその業者のリンク販売に特にペナルティを課さないかも知れません。Web上であからさまに「このスペースのリンク売ります」などとしなければ、Google はそのリンクが販売されているのか自然発生的に生まれたものか区別できませんからね。この業者のサービスはとっても利益があるかもしれません。

検索エンジンスパムの定義をするのは Google であり、実際にペナルティを与えるかどうか、インデックスから除外するか否かを決定するのも Google です。Google という検索エンジンは Google が運営しており、全ての決定権は Google にあります。従って、私たちは Google やその関係者が過去に公開した情報や実際に行ったスパム対策、そのコンセプトから Google がどのような行為を好まないのかを推し量り、そのルールを遵守することが求められます。ですから、私なら絶対にそのリンクは買いません。

こういった、何がスパムで何がスパムでないのかを判断をする時に大事なことは、あなたが仮に Google の検索エンジンを開発する1人のエンジニアであり、ユーザーに対して適切な検索結果を提供したいと毎日努力しているのであれば、その行為をどう捉えるかを考えることです。売買されたことにより獲得されたリンクポピュラリティーが流布した時、どのような結果が招かれますか?その時、あなたはエンジニアとしてどう対処したいでしょうか?自分のWebサイトのランキングが上下して、上がればよし、下がれば Google は最悪だなどという自己中心的な考え方をするのではなく、ネット社会に対して検索サービスを提供する立場から、どのような行為を排除したく、どのような行為が望ましいのかをよく考えることです。それによって、ウェブマスターとして何をすべきで何をすべきでないのかも見えてきます。

★ 皆さんからの SEO や SEM に関する疑問・質問・相談受け付けています。Webサイト上のお問い合わせフォームよりどうぞ。.

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。