SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google「レリバンシーが常に優先される」 (SES London 2005)

SES London 2005にてGoogle Europeのマーケットディレクター、Jeff Levick氏が、SESカンファレンス参加者からの「スポンサードリンクへの流れにより、検索順位のトップを獲得できるだけの資金を払える企業によってマーケットが支配されないかという過度な商業化への懸念に対して、サーチのリレバンシー(relevancy、関連性、適合性)が常に優先されると回答。

Google is determined to "organise the world's information", said Mr Levick, but audience members at the conference were more concerned about over-commercialisation Asked whether he thought that the trend towards sponsored links would mean the market was taken over by those firms that could pay to get pole position in search rankings, Mr Levick was adamant that would not happen. "Relevance will always prevail. Just because someone has more money to spend doesn't mean they will be number one," he said. [" The future of search looks bright" BBC News, Friday, 3 June, 2005, 08:08 GMT 09:08 UK]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。