SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

『バックリンクで表示される全てのリンクがPageRank / レピュテーションに貢献しているわけではない』 - Google Matt Cutts氏

米GoogleソフトウェアエンジニアのMatt Cutts氏がリンクスパムに対するコメントの中で、Googleからlink: 検索コマンドを使ったバックリンク一覧に掲載される全てのページが、対象ページに対するPageRankやレピュテーション、アンカーテキストの評価に結びついているわけではないと述べた。

Googleでの掲載順位を上げるために、他者からリンクを「購入」することでリンクポピュラリティやレピュテーションの評価を高めようとするSEOがいることが背景。リンク売買を仲介するサイトまで登場しているが、Googleはこうした手段により不正に検索結果を操作しているウェブサイトを排除するために、金銭によって張られたリンク評価を無効にするなどの対処を行っている。

As others have noted, if you're going to sell text links that pass reputation/PageRank, the way to do it is to add rel=nofollow to those links. Remember that just because a site shows up for a "link:" command on Google does not mean that it passes PageRank, reputation, or anchortext. [Matt Cutts, Google Engineer, "Search Engine Spam?", O'Reilly Radar, August 23, 2005]

cf.

『SEO企業による検索ランキング操作の実態』(Wired News) :: SEM R

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。