SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

アイレップ、アドワーズ広告の新入札方式に対応した「QbB対策チーム」を発足

株式会社アイレップは2005年8月15日、Googleアドワーズ広告が新たに採用する入札方式「QbB (Quality-based Bidding)」に対応するための対策チーム「iREP Googleアドワーズ QbB対策チーム」を設立した。

Googleは2005年8月にQbBと呼ばれる新広告入札方式を導入する予定。Googleが独自に定めたQuality Score(広告品質スコア)と呼ばれる指標が新たに導入される点が今回の重要な変更点。品質スコアは、キーワードのクリック率、広告テキストとの関連性、キーワードの過去の掲載結果、その他の関連性に関する要因に基づいて決定されるがその詳細は非公開とされている。品質スコアが高いほど広告掲載に必要なクリック単価は低くなり、スコアが低いほどクリック単価は高くなる。広告ランクや広告の掲載位置はこの品質スコアに基づいて決定されるため、算出ロジックを解明できない限り、広告主企業は検索サイト上での広告表示順位を予測・管理することが不可能となるという。

「iREP GoogleアドワーズQbB対策チーム」は広告表示順位決定メカニズムのロジック解明等を中心的に行い、新方式下での効果的なアドワーズ広告の運用ノウハウを確立をしていくとしている。また、発足にあわせて30社限定で「QbB対策チーム」の調査・研究成果を提供し、効果的な広告運用方法についてのコンサルテーションも実施する。

アイレップ SEMサービス

http://www.sem-irep.jp/

ref.

米Google、AdWords広告の仕様変更を告知 :: SEM R

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。