SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、ガイドライン違反サイトに警告メールを送付

米Googleが検索品質を落とすスパム行為を実施するウェブマスターに対して警告メールの送付を開始した。米GoogleのMatt Cutts氏によると同社はパイロットプログラムを開始しており、同社が定める品質ガイドラインに違反しているウェブサイトのオーナーに対して一時的に同社がインデックスから問題となるページを削除したことを伝えている。

今回メール送付の対象となっている問題行為はJavaScriptリダイレクトを悪用しているサイトのほか、一部の隠しテキストを利用しているサイトにもメールを送っている。

このようにGoogleが事前にウェブマスターに対して(インデックスから削除したことを)伝えることにより、ウェブマスターはなぜ私のサイトが突然消えたのかの理由を色々と推測する必要もなくなるため、好ましいだろうとの考えを述べている。

Google - ウェブマスターのためのガイドライン

http://www.google.co.jp/intl/ja/webmasters/guidelines.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。