SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Matt Cutts、「1ページあたりのリンク数は100」の理由について説明

Googleはウェブマスター向けの「デザインとコンテンツに関するガイドライン」において、1ページあたりのリンク数が100以下になることを推奨している。同社のMatt Cutts(マット・カッツ)氏が、このガイドラインを設けた理由についてブログで説明を行った。

サイトの主要なページへのリンクを記載したサイトマップを用意します。サイトマップ内にリンクが 100 以上ある場合は、サイトマップを複数のページに分けます。[...] ページのリンクの数を適切な数 (100 未満) に抑えます。[デザインとコンテンツに関するガイドライン, ウェブマスター向けガイドライン、Google]

「100未満のリンク」を設定した元々の理由は、かつてGoogleクローラ(googlebot)は1ページあたり100KB程度しかインデックスしなかったためだ。この「100KB程度」の制限から、1ページあたり100程度のリンク数が適当だと考えた。これを超えるリンクが設置されているようなページは、Googleにインデックスされない可能性が出てきてしまう。

しかし、今日のGoogleは100KB以上のページもインデックスするようになった。それにも関わらず現在も「100未満のリンク」を推奨しているのは、ユーザエクスペリエンスを考えてのだという。

なお、100以上のリンクを持つようなページであっても意味があることもあり、従って、ページに100以上のリンクが設置されているからといってGoogleが自動的にそれをスパムと判断することもない。Matt Cutts氏は、このルールはあくまで「デザインとコンテンツに関するガイドライン」にすぎず、スパムに該当するかどうかは別途定める品質ガイドラインへの抵触の有無で判断する。

結局、Googleは100以上のリンクを持つページをどのように扱うのか?Matt Cuttsはこの場合、すべてのリンクを辿らなかったり、あるいはインデックスしないことがあると説明。ただ、いずれにせよその多数のリンクによって受け渡されるPageRankは分割されることになるため、そうしたリンクを設置するために、目的は何か、ユーザエクスペリエンスに対してどう影響を与えるのかをよく考えるようにアドバイスしている。

How many links per page? [Matt Cutts: Gadgets, Google, and SEO]

http://www.mattcutts.com/blog/how-many-links-per-page/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。