SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

検索エンジンの利用状況 - eMarketer

US Internet Users Who Use E-mail and/or Search Engines Daily, 2002 - 2005

Pew Internet & American Life Projectの調査結果によると、日常的に検索エンジンを利用している米ネットユーザーが6,000万近くにのぼることが明らかになった。

2004年6月時点でインターネット人口の30%(3,800万人)が利用していたが1年で41%(5,900万人)まで増えたことになる。検索エンジン利用者数の伸びは1年で55%(3,800 → 5,900)。一方、米調査会社comScore Media Metrixのデータによると2004年9月と2005年9月比で日常的に検索エンジンを利用するユーザー数は4,930万人から6030万人の23%増という結果だ。いずれにしても、検索エンジンの利用者数が伸びていることが明らか。

ただし、ネット全体で最も利用されているサービスは電子メールだ。Pew Internet & American Life Projectの調査では2005年9月時点で電子メール利用が最多で77%、検索エンジンは63%。

Online Activities of US Adult Internet Users, September 2005 (as a % of respondents)

comScore Media Metrixによる検索エンジン別利用者数(ユニークビジター数を基準)では1位がGoogle (約7,500万人)。2位はYahoo! Search (6,800万人)、3位はMSNサーチ(4,900万人)という結果。

Top 10 Search Sites among US Internet Users, Ranked by Unique Visitors, October 2005 (in thousands)

REPORTS Online Activities & Pursuits

http://www.pewinternet.org/report_display.asp?r=167

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。