SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米検索エンジンマーケットシェア - comScore

米国検索エンジン市場シェア 2005年7月

米comScore Media Metrixは2005年8月19日、2005年7月の米国検索エンジンのシェアを発表した。全検索に占めるシェア1位はGoogleで36.5%、続いて2位はYahoo!の30.5%、続いて15.5%のMSNが続く。AOLなどを持つTime Warner Networkは9.9%でAsk Jeevesは6.1%だった。

米国の検索総数は前年同月比で22%増の48億件以上に達した。検索市場は引き続きGoogle、Yahoo!、MSN、Time Warner (AOL)、Ask JeevesとInfoSpaceで占められ、この6つの検索エンジンをあわせた市場占有率は99.4%と前年同月の98.5%から0.9ポイント上昇している。検索エンジンの中で検索回数が最も増えたのはMSNで前年同月比30%増の7億4,400万件となった。

7月の検索総数の11%は検索ツールバーから実施されており、前年同月の8%から上昇している。その中でもYahoo!ツールバーが最も利用されており、7月のツールバー経由の検索回数の51%を占めている。Yahoo!ツールバーを使った検索は2億8,200万件を突破しており、前年比で74%の伸びを示した。

comScore Reports July 2005 Search Engine Rankings

http://www.comscore.com/press/release.asp?press=622

cf.

グーグル、米検索市場で引き続きトップシェアを獲得--7月は36.5% [CNET]

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20086534,00.htm

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。