SEMリサーチ

SEMリサーチ

QbB導入後のアドワーズ広告 Q&A from Google

米Googleが同社のアドワーズ広告ブログ「Inside AdWords」にて、新入札方式QbB(Quality Based Bidding)導入に関するFAQを掲載した。掲載されたFAQは「無効キーワードがアカウントに残っているのはなぜか?」「最小クリック単価はどこで見られるか?」「キーワードの最小入札価格は変化するのか?」の3つ。

以前のアドワーズ広告はキーワードステータスとして[良好]、[評価中]、[待機中]、[無効]の4種類に分けられていたが、QbB導入により表示または非表示のいずれかに変更された。従ってQbB導入により「無効」キーワードはなくなるはずだが管理画面上は残る。これについてGoogleは無効となっていたキーワードはQbB導入後もおよそ1ヶ月間はそのまま残り、その時間が経過した時点で全てのキーワードを消去するという。広告主にはこの期間の間にキーワードを評価して有効に戻すキーワードを選択して欲しいという。なお、(1ヶ月経過後に)Googleがキーワードを削除する際はあらかじめメールで通知するとしている。

「キーワードの最小クリック単価はどこで見られるか?」という質問に対しては「キーワードレポートから閲覧できる」と回答。

最小入札価格については「常に変化する」と回答。理由としてQbB導入により新たに「品質スコア」(Quality Score)が導入されたことを挙げている。品質スコアは広告のクリック率やテキスト広告の関連性、キーワードパフォーマンス履歴やその他の要因によって算出されるため、いずれかの要因に変化があればQuality Scoreも変わり、それが入札価格にも影響を及ぼすからだとしている。

Answers to your new keyword state questions

http://adwords.blogspot.com/2005/08/answers-to-your-new-keyword-state.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。