SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

ブレイナー、ウェブサービスによるコンテンツマッチ広告配信を開始

株式会社ブレイナーは2006年1月27日、コンテンツマッチ型広告配信サービスにおいて、新たにウェブサービスによる広告配信を開始した。

ブレイナーは2005年10月31日よりWebコンテンツに関連した広告を自動的に配信するコンテンツマッチ広告「ブレイナー」を開始している。ウェブサービス型のコンテンツマッチ広告では、任意のテキスト情報をサーバーに渡すと、内容にマッチした広告情報をXML形式で取得できるAPIを公開、ウェブプログラマ向けに提供する。広告を掲載するメディアサイトは、サイト内のキーワードや文章にマッチした広告をサイトのレイアウトにあわせて自由に加工・編集できるようになるという。

また、一般にコンテンツマッチ広告はJavaScriptコードの記述により広告を表示しているため検索エンジンがその広告文面を認識することはできなかった。しかしブレイナーのウェブサービス型広告配信はパートナーサイト側で事前にXML形式で取得した広告情報をウェブページに掲載するため、クローラーが情報取得可能な状態で広告掲載できるという。

当面はベータサービスとし、利用状況にあわせた機能追加・改善を行った上で正式サービスへの移行を予定している。

コンテンツマッチ広告ブレイナー

http://brainer.jp/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。