SEMリサーチ

SEMリサーチ

米Touch of Class、キーワード管理見直しでSEM運用を改善

家財道具のカタログ販売サイト、米Touch of Classは検索エンジンマーケティング(SEM)によるコンバージョン率を少なくとも10%引き上げ、現在もその戦略を推進している。

同社インターネットマーケティングマネジャーBecky MacDonald氏は単に"table"というキーワードではなく"round accent table"のような消費者の検索意図(インテンション)が明確な検索キーフレーズに入札することにより、SEM全体のROIを最適化しつつコンバージョン率も増加させた。限定的な、しかしインテンションが明確な検索キーワードを設定して入札金額を抑え、消費者を直接特定の商品ページに誘導した結果だ。

Touch of Classは昨年、設定した検索キーワードを12,000まで増加し、効率よく大量のワードを管理するためにどのキーワードがGoogle / Yahoo!に掲載されているかが把握できるツールを自社開発した。さらにサードパーティーの自動入札管理ツールもテストしており効率化を目指している。

Touch of Class

http://www.touchofclasscatalog.com/

Cataloger tweaks SEM strategy to increase conversion rates [InternetRetailer.com]

http://www.internetretailer.com/dailyNews.asp?id=18083

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。