SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

「65%の広告主がサーチマーケティングの広告予算増加」 - US SEM Executive Survey 2007

米JupiterResearchは2007年4月9日、米国のサーチマーケティングの実態を調査レポート"US SEM Executive Survey, 2007"を発表した。

同レポートによると、広告主の65%が2007年度のサーチマーケティング向け予算を増額し、28%は昨年同様にするという。また、年間売上高が5,000万米ドル以上の企業の26%が、今年のサーチマーケティング予算が前年比25%を上回る見込みであると回答。28%は同予算が前年比11%~25%未満になるとしている。予算象の背景にはペイ・パー・クリック広告(検索連動型広告)におけるキーワード単価の上昇がある。

サーチマーケティングのROIに対する満足度では、大多数が満足している。年間売上高5,000万米ドル以上の企業の27%は「大変満足している」、40%が「満足している」と回答した。満足していない企業は9%に過ぎなかった。

2007年度の検索エンジンマーケティング予算の増減

サーチマーケティング予算配分 SEO、検索連動型広告、ペイドインクルージョン

US SEM Executive Survey, 2007 Understanding the Increasingly Sophisticated Search Marketer [JupiterResearch]

http://www.jupiterresearch.com/bin/item.pl/research:vision/1091/id=99013/

Search Marketers Keep Spending [eMarketer]

http://www.emarketer.com/Article.aspx?1004864

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。