SEMリサーチ

SEMリサーチ

Googleを名乗った偽の「ペナルティ警告通知」メールに注意(ドイツ)

Google公式ブログ「Official Google Webmaster Central Blog」によると、ドイツの複数のウェブサイト運営者に対して、Googleを名乗ったペナルティ通知メールが送信されている。

Googleは隠しテキストや不正なリンクなどの検索エンジンスパムを実施しているサイトに対して、インデックスから削除する前に事前警告の通知メールを送信している。「あなたのサイトはガイドラインに違反している。7日以内に修正されない場合、インデックスから削除します」といった具合だ。これに従わなかった場合はGoogleが対象サイトをインデックスから削除するため、検索エンジンに掲載し続けたい場合はガイドライン違反箇所を特定して修正する必要がある。今回、何者かがGoogleを送信元とした偽の警告メールを送信しているという。

Googleは当初、ブログにおいてメールの真偽の見極め方について送信元メールアドレスやシグナチャを確認する旨を記載していたが5月11日時点で更新されており、送信者がGoogleであることを確認できるためのよりセキュアな連絡方法が整うまで、一時的にサイト運営者に警告通知メールを送信することを停止するとした。

About those fake penalty notification emails

http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2007/05/about-those-fake-penalty-notification.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。