SEMリサーチ

SEMリサーチ

「検索連動型広告、利用トップ10の大半はECサイト」 - comScore調査

米調査会社comScoreは2007年6月5日、同社の米国の検索連動型広告の利用に関する調査結果を発表した。

調査は同社が3月に発行したcomScore qSearch Marketer reportに基づいて実施。同月、米国では合計200億のスポンサードリンク(有料検索広告)が表示されていたが、その16%をトップ10の企業が占めており、いずれも小売業者または価格比較サイトだった。

1位はオークションサイトのeBayで約8億2千万の広告を露出しており全体の4.1%だった。2位~4位はいずれも価格比較サイトでSmarter.com (3億6千万、1.9%)、Shopping.com (3億5千万、1.8%)、Bizrate.com (2億9千万、1.5%)。Amazon.comは5位(2億8千万、1.4%)。

comScore Search Solutionsシニアバイスプレジデント・James Lamberti氏は米国のオンライン小売市場が1,000億ドル市場あることを考えればオンライン小売業者が検索連動型広告の活用に積極的であることは驚くことではないと指摘している。

comScoreはECサイトへトラフィックを誘導している検索エンジンについても調査。もっとも誘導に貢献しているのはGoogleウェブ検索でECサイトへの全クリックスルーの53.8%に至った。2位のYahoo!は27.2%、MSNは10.4%、AOLは5.8%。MSNとAOLは一般的に考えられている検索シェア以上にECサイトへ送客している。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。