SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Matt Cutts、キーワード詰め込みスパムを警告 - 事例を紹介

米Googleウェブスパムチーム Matt Cutts氏は2007年7月25日、同氏のブログで事例を紹介しつつキーワード詰め込みスパムへの警告を行った。

キーワード詰め込みスパムは検索エンジンスパムの1つで、背景同色や極小サイズのフォント、あるいはiFrameやnoscript、noframe、CSSなどを駆使してブラウザ上には表示されないがHTMLソースコード上に50KBに及ぶ大量のキーワードを埋め込む行為。ターゲットとするキーワードとページが関連高そうに見せかけることでランキングをあげる手法。

Cutts氏は具体的な(実在する)ページを示し、ページ左下隅に大量のキーワードを textarea 内に埋め込んでいることを指摘。ガイドライン違反としてGoogleインデックスから削除したという。Cutts氏は、「ウェブマスターは自身が管理するウェブサイトにおいて何をするかは自由だ。しかし我々Googleは検索結果のレリバンシーを維持する最善の策を実施する権利がある」と述べている。

SEO tip: Avoid keyword stuffing [Matt Cutts: Gadgets, Google, and SEO

http://www.mattcutts.com/blog/avoid-keyword-stuffing/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。