SEMリサーチ

SEMリサーチ

オムニチュア、Web解析ツール最新版「SiteCatalyst 14」日本語版をリリース

企業のオンラインビジネスを最適化するサービスを提供するオムニチュア株式会社は2008年4月22日、ウェブ解析ツール「SiteCatalyst(サイトカタリスト)」の最新版、「SiteCatalyst 14」日本語版を発表した。提供は2008年5月下旬を予定。

SiteCatalyst 14では同日発表されたリスティング広告の入札・出稿管理ソリューション「SearchCenter 3(サーチセンター)」やビジュアル分析ツール「Omniture Discover 2」など、オムニチュアのすべてのソリューションをSiteCatalystで共有できるようになった。また、UIの統一も図り認証もシングルサインオンで行えるようにした。

SiteCatalyst 14では、インターネット上の動画コンテンツの急速な普及を背景に、オンラインビデオ視聴に対する分析機能を一層、強化した。サイト内のビデオが再生された回数を知る「ビデオビュー」、サイト内のビデオを見に来た回数「ビデオ訪問件数」、何人がビデオを見に来たか「ビデオ訪問者数」、ビデオ別の滞在時間や再生部分、PVを表示する「ビデオ数」、あるビデオを見たユーザーが次にどのビデオを視聴したかという「ビデオフロー」、あるビデオの最初から最後までで、どこが見られているかがわかる「閲覧ビデオセグメント」など、詳細な分析が可能。対応ビデオ形式はAdobe Flex、Adobe Flash、Windows Media Player、QuickTime、RealPlayer。SiteCatalystのプラグインで解析するため、既存のビデオコンテンツにSiteCatalystのためのコードを埋め込むなどの改修作業は必要としない。

さらにSiteCatalystの分析データを外部システムが取得するためのSOAP準拠APIを追加。例えば自社のCMSからウェブ・サービスAPIを通じて人気コンテンツ情報を自動取得し、ランキングに基づいてサイトのトップニュースや上位10ニュースなどの表示を動的に実現できる。

オムニチュア株式会社

http://www.omniture.com/jp/

cf.

オムニチュア、リスティング広告管理ツール「SearchCenter 3」日本語版をリリース :: SEM R

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。