SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

SEO リンク対策は、サイト"内"とサイト"外" で異なる

さて、検索エンジンがリンクを評価するポイントを理解したところで、Webサイト運営者側の視点から SEO の一環としてのリンク対策のお話に移りたいと思います。ただし、一口にリンク対策といっても、あなたが所有するWebサイト内のリンクを適切に設置する「サイトの中」の話と、あなたが所有しないWebサイト(つまり、他人のWebサイト)からリンクを獲得する「サイトの外」の話を分けて考えなければいけません。これはなぜでしょうか。

サイト内リンクの最適化と、サイト外リンクの最適化には大きな違いが1つあります。それは、リンク設置を決定する権利は誰が持っているか、ということです。つまり、所有するWebサイト内においてはどこのページから、内外問わずどこのページに対してどのような形式でリンクを張るのか、全て所有者であるあなたが決定できます。つまりサイト内リンクの最適化はWebサイト運営者が完全にコントロール可能であり、力量次第でいくらでも理想的なリンク対策が可能です。

これに対してあなたに所有権がない外部Webサイトについては、どこのページからどこのページに対してリンクを張ってもらうか、コントロールする権利は一切ありません。あくまでその外部サイト所有者の判断に委ねられます。外部サイトに対して「お願い」という形で希望を伝えることはできるかも知れませんが、相手がそれに従うか、それを強要することはできません。つまり、外部サイトからのリンク最適化はSEO実施者自身にコントロールする権利が基本的にないため、対策が非常に難しいという側面を持ち合わせています。

さらに、サイト内のリンク最適化で求められるものと、サイト外のリンク最適化で求められるものは異なっていますので、これを分けて対策を考えていかなければいけません。

(2005年1月)

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。