SEMリサーチ

SEMリサーチ

米Yahoo!とMcAfee、検索結果で危険サイトを警告する「SearchScan」ベータ版を開始

Yahoo! SearchScanの概要。有害サイトを事前警告。危険度が高いサイトは検索結果から除外する。McAfeeのSiteAdvisor技術を利用

米Yahoo!とMcAfeeは2008年5月6日、検索結果に含まれる有害・危険なサイトに警告を表示する「SearchScan(サーチスキャン)」ベータ版の提供を開始した。

SearchScanはMcAfeeが提供する、サイトの安全性を評価するSiteAdvisorの技術を利用し、スパイウェアやアドウェアなどのソフトウェアをインストールしようとするサイト、フィッシングサイト、あるいは大量スパムメールを送信する恐れのあるサイトなど、危険と判断したサイトを検索結果の当該リンクに赤いアイコンを表示して警告する。さらに、単に訪れるだけで危害を与えるサイトはYahoo!の検索結果から取り除く。SearchScanによって誰でも安全に検索サービスが利用できるようになるとYahoo!は説明している。

SearchScanはベータ版として提供され、米国のほかカナダ、英国、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、スペインでも利用できる。日本は未対応。

McAfeeが2007年に実施した調査によると、検索結果の4%に危険なサイトが含まれており、最も危険なサイトが多かったのがYahoo!の5.4%(MSN 4.2%、Google 3.4%)だった。

Yahoo! SearchScan

http://tools.search.yahoo.com/newsearch/searchscan

New SearchScan Feature from Yahoo! Search Warns Users About Dangerous Sites Before They Click on Them

http://yhoo.client.shareholder.com/press/releasedetail.cfm?ReleaseID=308465

マカフィー、「検索エンジンの安全性に関する調査報告」第3版を公開 ~毎月2億7,600 万件を超える検索がユーザを危険なサイトへ誘導~

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_07a.asp?pr=07/06/05-1

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。