SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

グーグル、AdWords Editor 6.0を公開 - CPCプレースメントターゲットのサポートなど

グーグルは2008年6月6日、オフラインでアドワーズ広告のキャンペーン管理が行えるアプリケーションソフト「AdWords Editor」の最新版(6.0)を公開した。同社のサイトからダウンロードして利用できる。

AdWords Editor 6.0では、新たにダウンロードした統計情報のCSVエクスポート、CPMに加えてCPCプレースメントターゲット設定やCPC単価編集のサポート、Conversion Optimizerを有効にしたキャンペーンのダウンロード編集、広告グループレベルの除外サイトの追加・更新、といった機能が追加された。

グーグルのバージョンアップポリシーに従い、AdWords Editorは新バージョンがリリースされて60日を過ぎると過去のバージョン(今回の場合、5.0)が利用できなくなるので注意。

AdWords Editor

http://www.google.com/intl/ja/adwordseditor/index.html

AdWords Editorリリースノート

http://www.google.com/support/adwordseditor/bin/static.py?page=release_notes.html&hl=ja

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。