SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

検索ワードのインテンションを判定するDetecting Online Commercial Intention - マイクロソフト

米MicrosoftがMS adCenter広告主向けのキーワード分析支援ツールの1つとして、検索クエリの意図(インテンション)を判定するDetecting Online Commercial Intentionを公開している。

Detecting Online Commercial Intentionは検索クエリが"コマーシャルクエリ"(購入・申込意欲が高い)か"インフォメーショナルクエリ"(情報・回答収集が目的)かを判定する。たとえば、"Sony Cybershot"というキーワードは、デジカメ(サイバーショット)の購入を検討している可能性が高いと判断し、同ツールは 0.66328 (0.5以上がコマーシャルインテントが高いという数値を出す。これらの数値は過去のLive Searchで検索されたクエリや訪問したページなどのデータを収集・分析して算出している。

Detecting Online Commercial Intention - Microsoft adCenter

http://adlab.msn.com/Online-Commercial-Intention/Default.aspx

#

adCenterで公開されている検索行動分析系ツールは面白いものが多いです。このツールの場合、インテンションの程度を数値で表すだけでそれ以上ではないので、たとえば「売りたい」のか「買いたい」のか、どっちの意欲を持つクエリなのかまではわかりません。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。