SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Yahoo! 51.2%、Google 39% - 日本の検索エンジンシェア 2008年9月 - コムスコア調査

米ネット視聴率調査会社・comScoreは2008年11月26日、日本国内の検索プロパティランキングを発表した。同社の検索市場の分析・調査ツール「qSerach 2.0」を使用して集計した。

2008年9月日本の総検索回数は約59億回、検索利用者1人あたりの検索回数は月間96回だった。最も検索回数が多い検索サイトはYahoo!JAPANで約30億回で検索者1人あたり58.9回/月、Googleは約22億回で検索者1人あたり54.7回/月。これら検索回数をベースにした検索エンジンシェアは、Yahoo!JAPANが51.2%、Googleが39.0%だった。Microsoftの検索シェアはわずか1.5%となっている。

なお、コムスコアが2007年9月に発表したデータでは、検索シェアがYahoo!JAPAN: 47.4%、Google 35.0%。

日本のサーチエンジンシェア - comScore Japan 2008年9月

SOURCE: comScore qSearch, September, 2008、家庭と職場を合わせた15歳以上のユーザーの総数、検索回数のシェア

*: インターネットカフェなどの公共のコンピュータ、および携帯電話・PDAからのアクセスを除く

**: Google SitesにはYouTubeを含む。

***: 「検索回数」は検索サイト以外のサービスサイトでの検索回数も合算して算出。

コムスコアが2008年9月の日本における検索ランキングを発表 [comScore]

http://www.comscore.com/press/release.asp?press=2599

cf.

comScore 日本の検索シェア - 2007年9月 :: SEM R

Nielsen Online 日本の検索シェア - 2008年4月 :: SEM R

参考:欧州でのグーグル検索シェア(国別)

ヨーロッパでのGoogle検索エンジン 利用者割合

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。