SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

「ディスカウント」「クーポン」などの検索数が上昇中 - 米国、comScore調査

米調査会社comScore(コムスコア)は2009年2月24日、米国の検索行動に関する調査レポートを発表し、不況の影響で特定の検索ワードの検索回数が増加していることを明らかにした。

顕著に検索数が増加し,ているのが、雇用状況の悪化に伴う "unemployment"(失業) で 2007年12月の2,688回から2008年12月は8,214と206%の増加。“unemployment benefits”(失業給付) も215回から748回と247%も増加している。また、個人資産に関する“mortgage”(住宅ローン)が4,518から7756と72%増加、“bankruptcy”(破産)は1,012から2,589と156%増加、“foreclosure”(担保権執行)は824から1,373と67%増加。

また、節約したいとの意向からか、"coupons"(クーポン)が7,637から19,921と161%、"Discount"(ディスカウント)が6,271から7,928と26%増加した。こうした傾向は日本国内の検索行動にも表れており、たとえば「訳あり商品」はキーワードハンターによると2007年12月から12ヶ月で50倍近く検索数が増えている。

Americans’ Online Search Behavior Points to Significant Increase in Personal Financial Turmoil Searches Using Term ‘Unemployment’ in December Triples versus Year Ago

http://www.comscore.com/press/release.asp?press=2732

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。