SEMリサーチ

SEMリサーチ

Yahoo!とMicrosoft、検索事業の提携を発表 [速報]

米Yahoo!と米Microsoftは2009年7月29日、検索事業における提携合意を発表した。今回の提携でYahoo!は検索エンジンにBing(ビング)を採用し、ポータル事業に経営資源を集中する。[詳細版:Yahoo!、検索エンジンBingを採用]

両社の検索シェアが合算されることで、Googleの代替となる新たな検索マーケットプレースが生まれ、広告主はこの独占的な会社に依存することがなくなるとし、また、MicrosoftにYahoo!の検索ボリュームが加わることで、サイズとスケールを獲得して検索市場に競争と発展を生み出すことができると説明する。

提携合意の内容

※ 適当に翻訳しています 正しいものは後ほど

・提携期間は10年間

・Microsoftは10年間のYahoo!コア検索技術の独占ライセンスを獲得

・MicrosoftはYahoo! Search技術を自社の検索プラットフォームに取り込み可能

・MicrosoftはYahoo!(ポータルサイト)に自社のアルゴリズム検索技術(Bing)と検索広告プラットフォーム(adCenter)を提供。Yahoo!は、ディスプレイ広告など検索広告以外の分野で引き続き自社の広告配信技術を継続利用可

・検索広告の販売はYahoo!。検索広告プラットフォームは adCenter

・ディスプレイ広告事業と営業部隊は両社それぞれ維持

・Yahoo!の検索エンジンはBingに置き換わるが、ポータルサイトの発展とユーザエクスペリエンスは維持

・Yahoo!ネットワークのもたらすトラフィックに応じてMicrosoftはYahoo!に広告収入を分配

[UPDATE] Yahoo!とMicrosoftが検索事業で提携、検索プラットフォームはBingに一本化

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。