SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米MS、仮想宇宙地図「WorldWide Telescope」をBing Mapsから利用可能に

集め、宇宙観測を楽しめるサービス「WorldWide Telescope(WWT)」を、Bing Mapsから利用可能にしたと発表した。

WorldWide TelescopeはMicrosoft Researchが開発して2年前に公開した、天体観測ソフト。ハッブル宇宙望遠鏡やチャンドラX線天文台センター、スローン・デジタル・スカイサーベイ(Sloan Digital Sky Survey)などの望遠鏡からの画像を閲覧できる。当初は専用アプリケーションとして提供されていたが、後に Silverlightベースのウェブサービスも公開された。今回、オンライン地図・Bing Mapsのアプリ機能 Bing Apps の1つとして追加された。

3月29日現在、Bing Maps米国版から利用できる。

new bing maps application: worldwide telescope

http://www.bing.com/community/blogs/maps/archive/2010/03/10/new-bing-maps-application-worldwide-telescope.aspx

WorldWide Telescope

http://www.worldwidetelescope.org/Home.aspx

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。