SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、消化金額に応じてAdWords API 使用料金を無料に - Preferred AdWords API pricing

米Googleは2010年4月26日、SEMエージェンシーやデベロッパー向けの新しいAdWords API料金体系 "Preferred AdWords API pricing"を発表した。

Preferred AdWords API pricing は、運用管理するクライアントのAdWords消化金額に応じて、一定量のAdWords API使用量を無料で提供するもの。AdWords消化金額 1ドルにつき、API使用量250が無料となる。

Preferred AdWords API pricingの適用を受けるためには、 (1) Google AdWords Certified Partnerであること、(2) AdWords APIを利用してクライアントのアカウントを管理していること、(3) AdWords API利用規約を遵守していること、という基準を満たす必要がある。

AdWords APIは、リスティング広告の自動入札管理ツールに用いられ、大規模なAdWordsキャンペーンの効率的かつ効果的な運用を可能にする。Googleは同サービスの提供により、エージェンシーがコスト負担を軽減しつつ、運用ツールの機能を拡張して、包括的なキャンペーン運用を行えることを支援していきたいとしている。

A new approach to how we work with advertising agencies [Inside AdWords]

http://adwords.blogspot.com/2010/04/new-approach-to-how-we-work-with.html

AdWords API pricing の条件

http://www.google.com/adwords/api/preferredpricing/requirements.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。