SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、リッチスニペットが世界各国で利用可能に

米Googleは2010年4月26日、検索結果の説明文(スニペット)に、詳細な情報を表示する「リッチスニペット」(Rich snippets)のグローバル展開を発表した。

日本では2009年11月に発表されていたが、新たに中国語(簡体字、繁体字)、チェコ語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、韓国語、ポルトガル語、ポーランド語、ロシア語、スペイン語、トルコ語のドキュメントも公開された。

Googleが現在サポートするリッチスニペットは、人物の肩書きや友人関係などを表示する people profiles、商品やサービスについてのレビュー件数や評価点数を表す reviews、動画の再生時間などを表示する videos、イベント情報の日付や場所をひょじする events、料理のレシピを表示する recipes。

なお、Googleはリッチスニペットの表示をアルゴリズムで判断するため、構造化データを用意しても必ず詳細な説明文が表示されるわけではない。

[UPDATE] 2011/06/02 検索3社が協力して構造化データマークアップを標準化、Schema.orgイニシアティブ発足

リッチ スニペットと構造化データについて

http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=99170&hl=ja

Rich snippets go international [Google Webmaster Central Blog]

http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2010/04/rich-snippets-go-international.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。