SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

スマートフォン 2010年度出荷台数 855万台、前年比3.7倍 MM総研

MM総研は2011年5月10日、2010年度通期(2010年4月~2011年3月)の国内携帯電話出荷状況の調査結果を発表した。

MM総研 スマートフォン出荷台数 2010年 855万台 グラフ

携帯電話の総出荷台数は前年比9.3%増の3,764万台。出荷台数の回復の主な要因として、スマートフォン市場の拡大とau市場におけるトライバンド対応端末への買い換え台数好調の2点を挙げている。

2010年度通期のスマートフォン出荷台数は855万台で前年比約3.7倍。総出荷台数の22.7%を占めた。ソフトバンクから発売のApple iPhone に加えて、ドコモやauからも多数投入されたAndroid OS搭載スマートフォンが相次いで市場でヒットしたためだ。2010年度通期のスマートフォン市場のOS別出荷台数シェアはAndroidが57.4%、iOSが37.8%。

【スマートフォンの定義】 以下を条件としてMM総研にて分類(2011年5月現在)

1. 以下OSを搭載(iOS、Android、Windows Mobile、BlackBerry OS)

2. 音声通話が可能(画面5インチ以上でヘッドセット利用を想定した端末は含まない)

3. 高機能かつアプリやソフトウェア等のカスタマイズが可能

4. OS環境として(アプリ)開発仕様が公開されていること

5. キャリア及びメーカーがスマートフォンと位置づけている製品

2011年度もスマートフォン市場のさらなる拡大や、auのトライバンド対応端末買い換え促進などで2010年度同様に市場拡大が継続すると予想している。スマートフォン市場は最新Android OS やデュアルコアCPUを搭載したハイエンド端末からミドル~ローエンド端末まで、国内外問わず数多くのスマートフォンが市場投入されることが見込まれているほか、2011年度下期には次世代高速通信規格LTE対応のスマートフォンも予定されており、スマートフォン市場はさらに伸びる見込みだ。

2010年度通期国内携帯電話端末出荷概況

http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120110510500

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。