SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、Google+1を機能拡張、Google+1からGoogle+へ共有可能に

米Googleは2011年8月24日、ウェブページを評価できるGoogle+1(プラスワン)ボタンから直接、ソーシャルサービス・Google+(プラス)に共有できる機能を発表した。また、Google+に共有される時に表示されるリンク先ページの画像や説明文をパブリッシャーがカスタマイズできる+Snippets(プラススニペット)も発表した。いずれも来週にかけてグローバルに提供される。

これまでGoogle+1は気に入ったウェブページやコンテンツを評価する仕組みとして提供されていたが、その後にリリースされたGoogle+と直接的な連携はなかった。今回、ウェブ閲覧の最中にGoogle+のユーザーにも知らせたいと考えた時などに直接的なアクションをとれるよう、+1ボタンからGoogle+に共有できる機能を追加する。

また、Google+に共有する時に自動的に含まれる、ページのリンクと画像、説明文を表示する共有ボックス(sharebox)を、サイト運営者がカスタマイズできる+Snippetsも公開した。schema.org で定義された数行のコードをウェブページに追加するだけで、簡単にカスタマイズすることができる。具体的な記述方法はGoogle Codeで公開されている。

Googleによると、2011年6月にリリースしたGoogle+1ボタンは現在、100万以上のサイトに設置され、毎日40億ビューがあるという。

Making the most of improvements to the +1 button

http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2011/08/making-most-of-improvements-to-1-button.html

Doing more with the +1 button, more than 4 billion times a day

http://googleblog.blogspot.com/2011/08/doing-more-with-1-button-more-than-4.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。