SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Microsoft、Googleを「マルウェア」と誤認識 - 更新シグネチャに不具合

バレンタインの日 2012年2月14日に、米Microsoftのセキュリティソフトが Google をマルウェアと誤認識し、www.google.com へのアクセスを遮断する事象が発生した。数時間後にこの問題は解消されている。

Microsoftのセキュリティソフト・Microsoft ForefrontとMicrosoft Security Essentialsに同日配信されたシグネチャに不具合があり、Google を Blackhole exploit kit に感染したマルウェアと偽陽性(False Positive)と判断したことが原因。米国、中東、オーストラリア、ニュージーランドなど広範囲のユーザーに影響した模様だ。

Microsoftは数時間後にこの問題を解消した更新シグネチャを配信。同社はこのシグネチャにより混乱を招いたことを謝罪している。

Microsoft Mistakenly Flags Google as Malicious Site

http://www.securitynewsdaily.com/1525-microsoft-google-malicious-site.html

Microsoft security update flags Google.com for malware

http://www.zdnet.co.uk/news/security-threats/2012/02/15/microsoft-security-update-flags-googlecom-for-malware-40095049/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。