SEMリサーチ

SEMリサーチ

製品スペック表や栄養成分表など他サイトにもあるコンテンツを掲載することは重複コンテンツ扱いにありますか?

eコマースサイトが商品詳細ページを設計する際に、たとえば家電であれば製品仕様(スペック一覧)、食材であれば栄養成分表など、同一製品を扱っている他のeコマースサイトでも同じものが掲載されていそうな情報というのはあります。こうしたコンテンツを掲載することは重複コンテンツ扱いになるのか?

これは、その商品詳細ページにおける仕様一覧や栄養成分表などの各種スペック情報が占める割合とオリジナルコンテンツの比率に依存します。商品詳細ページというのは担当者の努力や熱意次第で、いかようにも深く掘り下げたコンテンツを作り上げることができます。たとえば楽天市場のネットショップを見ると、見た目が同じようなたこ焼きやお好み焼きでも、ショップによって全然違う見せ方やセールスをしているケースを探すことができるでしょう。

つまり、部分的に他サイトと同一の情報が掲載されていても全体としてユニークなコンテンツとして仕上げているのであれば問題ありません。逆に、スペック表をぺたっと張り付けただけで人の労力がかかっていないコンテンツを公開したら、それは検索結果には表示されないかもしれません。これは、"その、どこにでもある情報を掲載している"ページは検索上位に表示されるのにふさわしいか?を自分で考えれば自ずと出てくる答えでしょう。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。