SEMリサーチ

SEMリサーチ

楽天kobo、日本語処理支援にBasis Technologyを採用

言語処理ソフトウェア開発企業の米Basis Technology(ベイシス・テクノロジー)は2013年12月9日、楽天子会社で電子書籍事業を展開するカナダのKobo Inc.が電子ブックリーダーのプラットフォームに、日本市場対応として Rosette 言語処理プラットフォームを採用したと発表した。

Koboでは、Rosette 言語処理プラットフォームを利用し、日本語のテキスト処理に必要な分ち書き、表記ゆれ対応、そして品詞出力やキーワード抽出、文字コード変換やUnicode対応を行っている。

Koboは約400万冊の電子書籍、雑誌、新聞などを日本語など68言語で提供。2012年1月に楽天子会社になった。

Kobo、日本語処理支援にBasis Technologyを採用

- Rosette 言語処理プラットフォームで日本市場向けに的確な言語処理 -

http://www.basistech.jp/about-us/news/press-releases/2013-12-09-kobo/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。