SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

【公式】グーグル、JavaScript、CSS、画像ファイルへの Googlebot アクセスを推奨

Google がウェブマスター向け「技術に関するガイドライン」を更新した件について、同様の発表が日本語公式サイトにも掲載された。

Google のインデックス登録システムが最新ブラウザ同様にウェブページをレンダリングして登録するようになったことを踏まえ、JavaScript、CSS、画像ファイルにも Googlebot が巡回できるように求める内容だ。詳細は以下の記事を参照してほしい。

cf. Googleがガイドライン更新、CSSやJavaScriptのクロールを推奨、robots.txtによる拒否はインデックスに問題生じる可能性

ページのレンダリングに基づいてインデックス登録が行えるようになった一方で、全てのウェブ技術に対応しているわけではないため、プログレッシブ エンハンスメントという考えに基づいてページをデザインすることをアドバイスしている。また、サイトの robots.txt を利用してレンダリングにかかわる JavaScript や CSS ファイルのクロールを拒否する設定を行うと、Googleアルゴリズムによるコンテンツレンダリングやインデックス登録に支障が出る可能性があることも指摘している。

技術に関するウェブマスター向けガイドラインを更新しました

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/10/updating-our-technical-webmaster.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。