SEMリサーチ

SEMリサーチ

グーグル、「モバイルユーザビリティ」レポートを提供開始、ウェブマスターツールから利用可能

米Googleは2014年10月29日、Webサイトがモバイルユーザーに使いやすい状態になっているか診断する「モバイルユーザビリティ」の提供を開始した。Googleウェブマスターツールの「検索トラフィック」→「モバイルユーザビリティ」から利用できる。既に日本語にも対応している。

モバイルユーザビリティはモバイルユーザーがWebサイトで遭遇するユーザビリティ上の深刻な問題を表示する。例えば、「フォントサイズが小です」「ビューポートが設定されていません」「タップ要素同士が近すぎます」「コンテンツのサイズがビューポートに対応していません」「Flashが使用されています」といった具合のエラーが表示される。それぞれのエラーをクリックすると、さらに詳細なレポートを URL別に表示できる。

同社のJohn Mueller氏は、このウェブマスターツールのレポートに一度目を通して、どのようにその問題を解消できるかを考えることを薦めている。

Tracking mobile usability in Webmaster Tools

http://googlewebmastercentral.blogspot.ch/2014/10/tracking-mobile-usability-in-webmaster.html

モバイル ユーザビリティを重視する理由

https://support.google.com/webmasters/answer/6101188

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。