SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Bing もモバイルフレンドリーを検索順位に反映させることを発表

米Microsoftが運営する検索サービス・Bing(ビング)は2015年5月17日、Webページのモバイル端末対応度(モバイルフレンドリー)を検索ランキングに反映することを発表した。今後数ヶ月のうちに導入する。

すでに Google が今年4月21日よりモバイルフレンドリーをシグナル(検索順位を決定するための手がかり)の1つとして採用しているが、Bing もそれに続く。同社は最近、スマホ検索結果で(これまた Google 同様) "Mobile-friendly" のタグを対応ページに表示するテストを開始していたが、ユーザーからの反応が良好で情報探索ニーズを満たせると判断、導入に踏み切る。

ただし、「検索意図に合致する、関連性の高い検索結果を提示する」こととのバランスは重要であり、単にスマホ対応しているからという理由のみで検索順位が調節されることはないという。つまり、たとえスマホ対応していないページであっても検索クエリとの関連性が高いウェブページが自然検索結果で順位が下降することは必ずしもない。

Our approach to mobile-friendly search

http://blogs.bing.com/webmaster/2015/05/14/our-approach-to-mobile-friendly-search/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。