SEMリサーチ

SEMリサーチ

Google, Twitter, Facebook, ヘイトスピーチを24時間以内に削除で合意 ドイツ政府

ロイター通信などの報道によると、ドイツ政府は2015年12月15日、シリア難民問題を受けてネットで増加しているヘイトスピーチ(差別的発言)について、Google、Facebook、Twitter が書込を発見してから24時間以内に削除することで合意したと伝えた。

3社はヘイトスピーチに対応する特別チームを組織、一般ユーザーや反差別主義団体が問題の発言を各サービス会社に報告しやすいようにする。ヘイトスピーチはドイツの法律で禁止されており、ウェブ企業が憎悪的発言を放置していることにウェブユーザーからも批判が上がっていた。

Facebook は、タイムラインで発見したヘイトスピーチを同社に簡単に報告するためのレポーティング機能を用意した。

ドイツ国内の自然検索結果から削除されたヘイトスピーチが国外から検索できるかどうかは明らかになっていない。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。