SEMリサーチ

SEMリサーチ

Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示

米Google は2016年10月13日、事実を含むニュース記事を示すための「Fact check」ラベルを Google News に表示することを明らかにした。米国と英国が対象。

同社はこれまで、さまざまな記事を多様な視点で探し出せるように In-Depth や Opinion、Wikipedia、Local Source, Highly Cited、といった様々なラベルを導入してきた。今回、読者が膨大なニュース記事から事実に基づいた記事を探しやすくするためにファクトチェックのラベルを導入する。International Fact-Checking Network をはじめとするファクトチェックサイトの活動が進んだことで実現可能となった。

事実情報の判断は、一般的なファクトチェックの基準のほか、Schema.org の ClaimReview マークアップが利用される。同社はサイトオーナーが ClaimReview マークアップを導入すべきか否かの判断基準をヘルプページで公開している。違反したサイトを発見した場合、Google はそのマークアップを無視するか、あるいは Google News インデックスから削除すると説明している。

ClaimReview

http://pending.schema.org/ClaimReview

Fact Check (Google Help)

https://support.google.com/news/publisher/answer/4582731#fact-checking

Labeling fact-check articles in Google News [Google Journalism & News blog]

https://blog.google/topics/journalism-news/labeling-fact-check-articles-google-news/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。