SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、Authorship 中止を発表、自然検索結果の顔写真削除へ

米Google は2014年8月28日、Google Authorship の中止を発表した。今後、自然検索結果にウェブページの著者の顔写真及び著者名が表示されなくなる。

2011年に導入された機能だが、3年を経て「当初想定したほどユーザーに価値を提供することができなかった」と結論づけ、中止を決定した。Google のテストによると、著者の顔写真を削除(非表示)にしても、トラフィックに影響がなかったという。今後、ウェブ検索で Authorship のタグは利用されない。

なお、本件は Google Authorship のウェブ検索での利用中止に伴う著者名及び顔写真表示の終了であり、他のソーシャル関連の機能には影響しない。たとえば、引き続き自然検索結果には 他のユーザーが Google+ に投稿したページが表示され、その際には顔写真が表示される(2014年8月29日時点)。

Google Authorshipは、Google+プロファイルとウェブページを関連づけて、「誰」がページの記事を作成したのかを明らかにするための機能。サイト運営者は自分のウェブページに指定のタグを埋め込むことにより、(また一定の条件を満たしていると Google が判断した場合に限り)、自然検索結果に自分のウェブページの横に Google+プロフィールに掲載する顔写真とリンクを掲載することができた。

今後、Google はschema.orgなどの構造化マークアップに引き続き注力していくとしている。

Authorship in web-search

https://support.google.com/webmasters/answer/6083347

"With this in mind, we've made the difficult decision to stop showing authorship in search results."

https://plus.google.com/u/0/+JohnMueller/posts/HZf3KDP1Dm8

#

以前から何度も指摘していますが、検索結果画面に視覚的要素・情報を追加しても、検索体験の改善にはなかなかつながらないんですよね。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。