SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google + goo の新検索エンジン

2003年12月1日から提供されるとアナウンスされている、goo と Google による日本語解析を向上させた新しいWeb検索サービス。どんな新機能が搭載される予定となっているのかおさらいしてみましょう。

フロントエンドとバックエンド

Google と goo の提携で、Google は検索エンジンの”バックエンド”を、goo は”フロントエンド”を担当することになっています。簡単にいうと、Webページの収集やインデックスの構築、そして検索要求に対して合致するWebページを抽出するのは Google のお仕事(=バックエンド)。一方、ユーザーが入力した検索キーワードから日本語特有の問題を調整してあげた上で画面上に表示するのが goo のお仕事(=フロントエンド)ということです。

cf.「goo」gleで日本最強のWeb検索サービスを目指す

http://www.zdnet.co.jp/news/0310/02/nj00_googoo.html

日本語特有の問題を解決

また、今回の提携により、次のような日本語特有の問題を解決した検索サービスが提供される予定です。

・日本語特有の表記のゆれ

"ウィスキー"と"ウィスキィ"、"インターフェース"と"インターフェイス"など同一の意味だが異なる言葉として解釈されていたものを、goo が自動補正してどちらで入力しても同じ検索結果を返すようにする予定

・通称や略称、誤字のある検索キーワードに対する関連・修正ワード候補の表示

"ドラエモン"と入力した時に候補として "ドラえもん" を表示する(表記揺れの補正)、国交省と入力した時に国土交通省を表示する(略語の補正)、伊藤美咲(誤)と入力した時に伊東美咲(正)を表示する(誤字修正)、引越と引っ越し、引越しなどの送り仮名の補正 が行われる予定。

・アダルトフィルタリング

有害Webサイトを検索結果から排除する

ま、本当に12月1日に登場するんでしょうか。

2003/12/01 追記

切り替わりました: goo、Google に切り替え(2003/12/01)

インターネット検索分野における戦略的提携について [goo Press Release]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。