SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

MSN Newsbot (ベータ版)の使用感

MSN のニュース検索エンジン Newsbot に搭載されたパーソナライゼーションを試してみました。

Newsbot について簡単に説明をしておくと、Microsoft によるニュース検索エンジンです。昨年11月に初めてベータ版がリリース。当初からパーソナライゼーションに対応することはアナウンスされていましたが、先週それが初めてお目見えしたわけです。ニュース検索というと Google News がありますが、MSN Newsbot はニュース収集が米Moreover社から提供されたデータを利用している点が異なります。

さて、Newsbot のパーソナライゼーションですが現時点ではまだ実用レベルにはなっていないようです。Newsbot に私の興味を学習させるために、Google, Yahoo! A9 など検索エンジン関連のニュースを片っ端から検索&クリックして「私は検索エンジン業界のニュースに興味があるんですよ」ということを学習させてみたのですが…

過去のニュース閲覧履歴(Newsbot でいうと Articles You Have Read )が一定時間経過すると全て消えてしまう模様(汗。ここ数日の間におよそ70程度の記事をクリックしたのですが、4/20 5:30 現在、履歴に残っている記事はわずか1つです。

数日経つと全部消えてしまうので、Newsbot フロントページに用意されている "The Daily Me" (最新のユーザーに個別化されたニュース記事を表示する場所)にも反映がされないのです。つまり、ニュースが私に個別化されるにはされるのですが、Newsbot がその情報を保持している数日間しか機能しないのです。

検索キーワード履歴も過去3つ前までのキーワードしか参照出来ません。

ということで、Newsbot ベータ版は現状まだまだ実用的ではありませんでした。

ちなみに、私は検索エンジン関連のニュースを収集する時には Google News と MSN Newsbot を組み合わせています。検索エンジン業界のニュースに限って言えば両者の間に情報ソースのかぶりがないためです。つまり、いずれか一方で見つかるニュースがもう一方では見つからないことが多々あるので、広範囲で情報をカバーするためには両者を使い分けないといけないのです。

MSN Newsbot

http://uk.newsbot.msn.com/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。