SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

ニュース検索 Newsbot がリニューアル - パーソナライズド機能を搭載

米Microsoft は 15日、同社のニュース検索 "Newsbot" のサイトをリニューアルした。サービス自体は引き続きベータ版。見た目のデザインも変更になっているが、注目すべき大きな変更点として パーソナライズ機能の搭載が挙げられる。

Newsbot

Newsbot サイトのデザイン変更

Newsbot のデザインが一新。以前と比較するとトップページに配置される写真点数が増えたことと、文字の量が減ったことですっきりとした印象。

パーソナライズ機能の追加

Newsbot のパーソナライズド機能は Microsoft が提供する .net passport にサインインすることで利用できる。Newsbot はユーザーがクリックしたニュース記事を記録する。既読記事一覧は "Articles You Have Read" にて一覧に表示される。また、過去の履歴を元に Newsbot がユーザーの興味や関心を決め、それに応じておすすめのニュースが推薦されるようになる。

Newsbot (beta) responds to your reading preferences. Clicking on articles determines what we base your recommendations on. (Newsbot より)

検索履歴の表示

過去に検索したキーワードの履歴が、検索ボックス下に常時表示される。ニュース検索を利用するユーザーは特定の情報を収集するために定期(不定期に)同一キーワードで検索することが多いことも影響していると思われる。

The Daily Me の追加

Newsbot トップページ右上に、The Daily Me というコーナーが追加。これはパーソナライズ機能を活かすためのもので、過去の既読記事からのキーワード検索などが行える。既読記事一覧も閲覧できる。

Popularity Rank の表示

記事の閲覧回数に応じた、ニュースの人気の度合いを示す "Popularity Rank" が表示される。これは各記事のヘッドライン下に表示される。この度合いを見て、インターネット上におけるニュースの人気度が測れる。

パーソナライズ機能の使用感については、しばらく使ってみてから報告します。

ref.

Microsoft,ニュース検索 Newsbot のベータ版を開始

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。