SEMリサーチ

SEMリサーチ

Google Analyticsで蓄積されるデータの活用方法は?

Googleが無料で提供開始したGoogle Analyticsによって、検索上のユーザー行動だけでなくリンク先ページの行動データも蓄積されることになるが、これらのデータがナチュラル検索の精度向上やアドワーズ広告に用いられるのではないか?と収集した個人情報の取り扱いについての関心が高まっています。これについてSearch Engine Watch Blogでは次のように報じています。

Worried Google will use your data or the data overall to better understand how much you are willing to pay for ads, based on conversions. Google said that's definitely not done, nor are there any plans to do that. Nor are there any plans to tap into the data as a means of improving regular search results or to identify "bad" sites, Google said. [Google Renames Urchin Google Analytics, Makes It Free, Search Engine Watch Blog]

Googleは現在のところ、データをアドワーズ広告やウェブ検索の精度向上に活用するという計画はないようです。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。