SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

独BMWのサイト、Googleインデックスから削除される

検索エンジンを騙す行為を行っていたとして、ドイツ大手自動車メーカー BMWのサイトがGoogleインデックスから削除された。

GoogleエンジニアのMatt Cutts氏によると、BMW社は訪問者用とクローラ(googlebot)用のウェブを別々に用意。訪問者がアクセスした際には自動車のイメージを多用したグラフィカルなウェブを表示する一方、クローラが訪問した際には訪問者用とは異なるウェブページにリダイレクト(転送)してテキストを詰め込んだウェブを表示していた。JavaScriptによるリダイレクトを悪用しており、Matt氏はこれが同社の品質ガイドラインに抵触すると判断、インデックスから削除した。

BMWはGoogleの指摘を受けて問題のページを削除したものの、同社のサイトはGoogleに全くインデックスされていない状況が現在も続いている。

ウェブスパム対策チームは同様の理由でRICOHドイツ法人(http://www.ricoh.de/)のサイトもまもなくGoogleから削除すると話している。Googleは、今年は英語以外のウェブサイトの検索エンジンスパムも厳しく取り締まる方針を表明していた。

[UPDATE] GoogleがBMW.deのサイトを検索結果に再掲載した。問題のスパムがサイトから除去され、Googleウェブスパムチームもこれを確認したため。

問題のウェブページ

http://www.bmw.de/bmw-neuwagen.html

cf.

Matt Cutts氏「今年は英語以外のスパムにも注意を払う」 :: SEM R

cf.

Google、「スパムは厳しく対処」の姿勢を見せる [CNET Japan]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。