SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、独BMWのサイトを再び検索結果に掲載

米GoogleのMatt Cutts氏は2006年2月7日、検索エンジンスパムを行ったとして検索結果から削除したドイツ自動車大手メーカーBMW (bmw.de)のサイトを検索結果に再掲載したことを明らかにした。

BMW社は検索エンジン用にテキストを詰め込んだページを訪問者用とは別に用意する「ドアウェイページ」と呼ばれる手法を利用、JavaScriptリダイレクトを悪用して検検索結果を操作した。これに対して「不正な検索結果が表示されるようなサイトの作り方を容認することはできない」(Google広報)として問題となったbmw.deのサイトを検索結果から削除した。

BMW社はその後、問題とされたページを削除。Google Webスパムチームもこれを確認し、検索結果に戻した。Googleで「site:www.bmw.de」と検索すると、15,000ページ(2006/02/08 13:00 時点)のインデックスが確認できる。

Googleは検索品質を低下させるような不正行為を行っているサイトを検索結果から削除しているが、問題と判断された箇所を修正してGoogleに再申請(Reinclusion Request)を行うことで、検索結果画面に再度表示させることが可能となっている。

cf.

Google からペナルティを受けるとどうなりますか? :: SEM R

独BMWのサイト、Googleインデックスから削除される :: SEM R

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。